21-156 大雨の時、危険な場所は? 4年生・減災学習 2021-12-20 14:09:53

 大牟田市防災危機管理室の方々をお招きして、4年生の減災学習を行いました。
 子ども達は、体育館で、令和2年7月豪雨の日の時間ごとの降水量と市内の浸水被害の様子、大正校区の土地の成り立ちと校区の地形の特徴等の説明を聞き、自分達の住む大正校区のことを「減災」の観点で調べていこうとする学習意欲をもちました。
 その後、子ども達は、学校の外に出て、通学路等のいろいろな場所の土地の高低を調べました。地面に置いたレールの上を転がるビー玉の動きや、色水の入ったペットボトルを寝かせた時の水面の傾きなどから、雨水の流れる方向を考え、記録していきました。
 体育館に戻った子ども達は、調べたことを出し合い、大雨が降った時、自分の家から学校までの通学路上でどこが危険で、どこが安全かを考えました。
 このような実地調査にもとづく学習が、災害発生時に子どもが自分の身を守る上で役に立ちます。

画像をクリックすると拡大表示されます

 

Copyright(C)2007 Oomuta City Kyouiku Iinkai. All Rights Reserved